【体験談】ベルリッツは効果あるの?1年以上通った成果~

『 【体験談】ベルリッツは効果あるの?1年以上通った成果~ ベルリッツの紹介画像』記事のアイキャッチ画像ベルリッツ
この記事は約6分で読めます。

ベルリッツの紹介画像

 ベルリッツにこれから通うか考えている人にとって、実際に英語が話せるようになるのか、聴こえるようになるのか、つまり英語でコミュニケーション出来るようになるのか、ベルリッツに効果があるのかどうかは一番重要だと思います。

 私が一年以上ベルリッツに通った成果として、ベルリッツの効果ついて解説していきます。

 ベルリッツは無料体験レッスンを提供しているので、興味があれば受講してみてはいかがでしょうか?

 下にベルリッツの公式サイトを貼っておくので、こちらから無料体験レッスンを申し込むことができます。

↓ベルリッツ公式サイト

ベルリッツ


サラリーマンが腕を組んでいる

当サイトの管理人

大卒サラリーマンのタカシ(32歳)。新たな取引先を上司から押し付けられ、その関係で英語学習を始めて5年。様々な英会話スクールを経験した結果、最終的にベルリッツへ。ベルリッツの良さを広めるべく日々奮闘中。(etc..英検1級、TOEICスコア970)


ベルリッツは実際に効果あるの??

ベルリッツ 効果

 ベルリッツは効果があるのかどうか、結論から言うとベルリッツに通うと効果があります。つまり、英語を聴けるようにもなるし、話せるようにもなります。

 私の場合、ベルリッツに入塾した時はレベル3で、最初は70回のビジネス向けマンツーマンレッスンを取りました。

 週2回レッスンを受講し始めて、私の場合すぐに英語力のアップを実感できました。

 すぐ効果が出ると言っても英語力が一気に上がったわけではなく、一つ一つ英語の表現を覚えていきながら、教師の人と少しずつコミュニケーションできるようになったという実感がありました。

 下ではリスニング能力とスピーキング能力で分けて、ベルリッツに通った効果であったり、成果を具体的に説明していきます。

ベルリッツに通うことで得られたリスニングスキルの効果

ベルリッツ リスニングスキルの効果

 ベルリッツに特徴的な効果として、教師が担任制ではないので色々な国の英語を聴くことができます。

 アメリカ、イギリスはもちろん、オーストラリアやフィリピン、ドイツ、日本語のほうが下手な帰国子女の英語など、少しずつ違う英語を耳にすることで、英語のリスニング能力がこれまで通学していた他の英会話スクールよりも上がりました

 ちなみに、ベルリッツの教師はネイティブまたはネイティブと同程度の英語スキルを持つ人が、 7%の採用率を通過して教師になることができるので、教師の質については安心してください。

ベルリッツ 効果 講師の質
ベルリッツ公式サイトから引用

 これまでは担任制で、今までなんて言っているかわからなかった英語も、他の人の英語を聴くことによって「もしかしてあのときはこの単語を話していたのか!」と理解できるようになり、知らない英単語を吸収する速度が増大します。

 さらに、英語の表現も少しずつ違って、前回習った英語表現を使ったら、「ふつうはそんな風に言わないよ、こっちの表現のほうが自然だね」と言われることもあり、理由を説明すると「あぁ、なるほど。アメリカ人教師にその表現は習ったのね」とイギリス人教師に言われることがありました(笑)

 もちろんどっちも正しく、日々の会話で注意すべきことではなく国の違いであり、当然会話するときに問題ないため、私は「色々と国によって違うんだなぁ」と楽しめました。

 このように色々な国の英語を聴くことで、ベルリッツに通うからこそ英語のリスニング能力が間違いなく上がり、効果・成果があったと言えます。

ベルリッツに通うことで得られたスピーキングスキルの効果

ベルリッツ  スピーキングスキルの効果

 スピーキング能力に関しても、ベルリッツに特徴的な効果、というより独自のレッスン形式によって、ベルリッツではスピーキング能力に関して良い成果が得られます。

 ベルリッツは教師に質問されたことに対して単純に答えるだけでなく、自分の考えなど説明を加えて、さらに自分から教師に逆質問をするという形式をとっています。

 このことにより、英語を話す量がものすごく増えるし、英語以外も含めた会話を組み立てる全般的なコミュニケーション能力も養われます

 もし正しくない英語を話したときは教師が指摘してくれた後、正しい表現を教わり、何度も反復するので新しい表現も身につきやすいです。

 この方法でレッスンしたおかげか、ベルリッツに通うことで英語のスピーキング能力は間違いなく上がり、効果・成果がありました。

ベルリッツに1年以上通った私の英語スキルの効果・成果

ベルリッツ 効果・成果

 ベルリッツに一年間通った成果として、ベルリッツのレベル5に上がることができました!

 TOEICも以前はめちゃめちゃ対策してようやく855を大学生のときに取ったのに、ベルリッツに一年通った後に全く対策せずに受けたら970を取ることができました!ちなみに大学生を卒業して以降、ベルリッツに通うまで英語の勉強はしていませんでした。

 なのでやはりベルリッツは効果があると思います。

 個人的には、TOEICのスコアが900以上になったことで昇進や昇給に利用できるようになったことも嬉しかったですが、一番は教師の人や会社の外国人、取引先や旅行先でスムーズに英語でコミュニケーション出来ることが非常に嬉しかったですね。

 世界が広がったというか、「私は世界中の人とコミュニケーション出来るようになったんだ!色々な文化にもっと触れえることができるし、旅行もめちゃ楽しい!!!」と実感できて、ワンランク上の自分になった気がしました。要は自己満足ですかね(笑)

 でも、英語でコミュニケーション出来るようになって今でも本当に良かった、人生が豊かになったと思うので、この記事を読んでくれた人はぜひともベルリッツに挑戦して欲しいな、と思いますね。

まとめ

 いかがでしたか?

 ベルリッツに通うことで得られる効果・成果について解説しましたが、分かりにくかった部分があればお問い合わせから伝えていただければ幸いです。

 ベルリッツに少しでも興味が沸いたり、英語に挑戦しようかな?と思ってくれた人は、ベルリッツには無料体験レッスンがあるので、是非とも試してみてはいかがでしょうか?

 無料体験レッスンはベルリッツ公式サイトから申し込むことができます。

 こちらに無料体験レッスンを申し込んだ際、ベルリッツに来校してから体験レッスンを行う流れを解説している動画を貼っておきます。

ベルリッツご来校(インタビュー&体験レッスン)の流れ

 ベルリッツの基本的な情報についても別記事でまとめたので、よければご覧ください。

 さて、それでは今回も第二言語学習に役立つ論文を紹介していきましょう。この記事で紹介する論文のタイトルは『Guidelines for Reporting Quantitative Methods and Results in Primary Research』です。

最近の記事で紹介する論文は、私の趣味もあってアカデミック寄りになっています…すみません。できれば次からは、ちゃんと第二言語の英語に関する論文を紹介したいと思います…できれば….(笑)

↓『Guidelines for Reporting Quantitative Methods and Results in Primary Research』全文

Guidelines for Reporting Quantitative Methods and Results in Primary Research
Adequate reporting of quantitative research about language learning involves careful consideration of the logic, rationale, and actions underlying both study de...

【ベルリッツ】に関する詳しい情報

  • 会社名      ベルリッツ・ジャパン株式会社
  • 本社所在地    東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館16階
  • 設立       1980年12月18日 (1966年日本支社としてスタート)
  • 電話番号     0120-5-109-23
  • 代表取締役社長  松尾 茂樹  

タイトルとURLをコピーしました