ベルリッツならTOEFL対策も完璧!欧州よりアメリカならTOEFL!?

『ベルリッツならTOEFL対策も完璧!欧州よりアメリカならTOEFL!?』記事のアイキャッチ画像ベルリッツ
この記事は約5分で読めます。

ベルリッツの紹介画像

 ベルリッツでは他の英会話スクールよりも効率的に英語力を身に着けられることが知られていますが、実はベルリッツでもTOEFL対策レッスンを受けることができるのをご存じでしたか!?

 この記事では、ベルリッツが提供するTOEFL対策について基本的な情報をまとめています!

 ベルリッツには無料体験レッスンもあるので、そちらでTOEFLコースの体験をしてみてはいかがでしょうか?

 無料体験レッスンは、下のベルリッツ公式サイトから申し込むことができます。

↓ベルリッツ公式サイト

ベルリッツ

サラリーマンが腕を組んでいる

当サイトの管理人

大卒サラリーマンのタカシ(32歳)。新たな取引先を上司から押し付けられ、その関係で英語学習を始めて5年。様々な英会話スクールを経験した結果、最終的にベルリッツへ。ベルリッツの良さを広めるべく日々奮闘中。(etc..英検1級、TOEICスコア970)


ベルリッツのTOEFL対策って?

ベルリッツ TOEFL

 TOEFLとは、海外留学や、海外へ移住、海外で就職する際に利用できる資格です。

 TOEFLスコアは世界150以上の国で、10,000以上の大学・機関で受け入れられます。

 重要なポイントとして、TOEFLはどちらかと言えばヨーロッパ系ではなくアメリカ系で、アメリカの大学や就職で要求されることが非常に多いので、アメリカ方面に進学、就職などを考えている人は取ったほうが良い資格になります。

  IELTSは140の国で10,000以上の大学・機関受け入れられているので、公式サイトを比較した場合、受け入れられている国の数がTOEFLのほうが10か国ほど多いことがわかります。

 また、その国の中でも受け入れられる大学数に違いがあるので、やはりアメリカ系の大学や機関へ行くことを考えている人はTOEFLを学習することをオススメします。

 別記事でIELTSに関する記事も同じ形式でまとめたので、わかりやすく読めると思います。

 興味があれば読んでみてください。

ベルリッツならTOEFL対策は完璧!

ベルリッツ TOEFL(2)

 ベルリッツは少し高めの料金設定ではあるものの、レッスンの質が非常に良いことで有名であり、それはTOEFL対策講座にも言えます。

 実際ベルリッツで受講した人の満足度は96.6%であり、ほとんどの人が英語力アップを実感しています。

 ベルリッツのTOEFL対策は色々あり、基本的には一人一人に合わせてレッスン内容を変更できるため、自分が苦手とする部分を徹底的に演習することができます。

 TOEFL対策としてスピーキングとライティングに特化しており、一人一人の希望に合わせてレッスン内容を柔軟に変えることができます。

 特にTOEFL特有の出題である、学生同士の会話や講義内容についてなどの分野を徹底的に対策できるので、本当にベルリッツはオススメですよ!

ベルリッツ TOEFL対策の料金は?

ベルリッツ toefl 料金

 TOEFL対策講座は基本的にベルリッツの大人料金と変わりません。

 つまり少人数レッスンなら一コマ3,500円~、マンツーマンレッスンなら一コマ7,500円~になります。

 ただし学生の方は一コマ500円~1,000円ほどの学割があるので、もし気になるなら問い合わせてみたり無料体験レッスン申し込んでみてはどうですか?

 ベルリッツのレッスン料金に関しては下の記事で解説しているので、興味のある人はご覧ください。

まとめ

 いかがでしたか?この記事があなたの役に立てば幸いです!

 ベルリッツでは無料体験レッスンを提供しているため、ここでTOEFL対策の無料体験レッスンを申し込んではどうでしょうか?

 満足度は公式アンケートから96.6%と保証されているため、ほとんどの人が満足できると思います。

 もし、どこかの英会話スクールへ通ってTOEFL対策をしようと考えているなら、満足度の高いベルリッツの無料体験レッスンをとりあえず受けてみることをオススメします!

 無料体験レッスンはベルリッツ公式サイトから申し込むことができます!

 こちらに無料体験レッスンを申し込んだ際、ベルリッツに来校してから体験レッスンを行う流れを解説している動画を貼っておきます。

ベルリッツご来校(インタビュー&体験レッスン)の流れ

 それではこの記事でも言語学習に役立つ論文を紹介したいと思います。

 タイトルは『Willingness to Communicate in English: A Model in the Chinese EFL Classroom Context』です。

 これは中国の英語クラスで行われた調査で、教室の環境や、モチベーションによってどれだけ英語でコミュニケーションしようとする意欲の関係を調べたものです。

モチベーションは当然大切ですが、個人的に教室の環境がどれだけ影響するのか気になりますね。この結果によってはやはり子供は勉強するなら中学受験させたほうが良いとか、子供の学習環境を親が選ぶときの指標にもなり得ますね。結論から言うと教室の環境も非常に重要なようです(笑)

 ↓ 『Willingness to Communicate in English: A Model in the Chinese EFL Classroom Context』 全文

Willingness to Communicate in English: A Model in the Chinese EFL Classroom Context
This study involves a large‐scale investigation of willingness to communicate (WTC) in Chinese English‐as‐a‐foreign‐language (EFL) classrooms. A hypothesized mo...

【ベルリッツ】に関する詳しい情報

  • 会社名      ベルリッツ・ジャパン株式会社
  • 本社所在地    東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館16階
  • 設立       1980年12月18日 (1966年日本支社としてスタート)
  • 電話番号     0120-5-109-23
  • 代表取締役社長  松尾 茂樹  
タイトルとURLをコピーしました